エアコンで原状回復の負担金が必用なケース

エアコンはもはや生活必需品と言えるほど普及しています。そのため、普通に設置する上でのビス穴などについては通常の損耗です。つまりは原状回復費用の負担はありません。

ですが自己負担金が発生してしまう場合もあるので解説します。

賃貸物件を借りている人でエアコンを使っている人には善管注意義務があります。
故意に物件を汚したり壊したりしたときに元に戻さなければいけないということです。
また手入れを怠ったり放置したりしたことで物件をひどく損傷させてはいけません。
違反した場合に自己負担金が発生してきます。

賃借人の所有するクーラー、エアコンは所有者が保守するもの。
たとえば、エアコンの水漏れを放置して壁や床を腐食させてしまったら原状回復の負担金がかかってきます。
手入れをしなかったことが原因と考えられるので全額ではありませんが負担金を払わなければいけません。

備え付けのエアコン(大家さんの所有)の場合は、クリーニングなどを大家負担で行ってくれることもありますので、管理会社などに連絡してみましょう。
前の住人がそのまま置いていった物などの場合は自分で費用を負担する場合が多いようです。

入居前に確認しておきたいポイントでもありますね。

こちらもご覧下さい。>>まだ間に合う一番安い業者の見つけ方