カチャカチャ言わせない!食器の梱包時の注意点

引越が決まると、ぼちぼちと荷造りを始めますが、一番気を付けたいのが茶碗やグラスなどの割れ物ですね。
大事な食器が壊れてしまっては、テンションも下がって新生活に弾みがつきません。

サカイのらくらくコースなどでは、食器類はもちろんすべてのものをプロの梱包スタッフが梱包してくれます。費用はかかりますが、自分でやる自信がない人はそういったコースを選ぶのもひとつの方法です。
業者によっては、食器などの壊れ物のみの梱包サービスなどもありますので、相談してみるといいでしょう。専用のケースを貸してくれるところもあります。

自分でやる場合には、タオルや古新聞が必須です。集めておきましょう。
壊れ物や重たい物は小さなダンボールに入れて下さい。あまり重いと持てませんし、底が抜けてしまうことも。
ダンボールを揺すったときに食器同士がぶつかって音がするようならやり直し。間に新聞紙をつめてください。
梱包がまずいと、丁寧に運んでも中のグラスなどが割れてしまうこともあるんです。その場合は保証の範囲外のケースがあります。

割れ物注意のシールやガムテープも貼っておくといいですね。マジックで中のものが何かわかるように書いておきましょう。
ワレモノシールは引越業者に言えばもらえるはずですが、ない場合は100円ショップなどでも売っています。

こちらもご覧下さい。>>まだ間に合う一番安い業者の見つけ方