住民票は移さないとダメ?本籍の変更は?

たまに、別の市町村区へ引越ししても実家があれば住民票はそのままでもいいんじゃないかと考える人がいるようですが、必ず移すようにして下さい。5万円以下の過料を課せられる可能性があります。
一番のデメリットとしては、選挙の時です。地元に戻って投票しなくてはなりません。
実際は住民票を移していない社会人もけっこういるようですが、社内の手続きなどでいらぬ混乱が起きたりすることも。

例外があって、一年以内の単身赴任で週末には元の家に帰っている場合は、生活の拠点が元の家だと考え、住民票を移さなくても問題無いようです。「生活の本拠」が住所だと民法では定義されています。

住民票の移し方

転出予定日の14日前に住んでいるところの市区町村役所で転出届の手続きをして、転出証明をもらいます。引っ越したら、14日以内に転居届を提出しましょう。

どちらも住民異動届という用紙です。免許証などの本人確認書類と、認め印(普通の印鑑)が必用です。各役所のホームページなどで確認しておきましょう。

もしも14日を過ぎていても、あわてる必要はありません。少し過ぎたくらいでは罰金はとられず、小言を言われる程度でしょう。何年も過ぎている場合は、あきらめて罰金を払って下さい。

本籍の変更(転籍)は?

本籍は、いつでも自由に、日本国内ならどこにでも変更することができます。住んでいる場所などの制限がないんです。
特別な理由がない限り、引っ越したからといって変更する必用はないでしょう。

結婚する場合には戸籍を新しく作ることになるので、そのときに新居の住所にする人も居ますが、旦那さんの元の戸籍の住所(実家など)にする人も多いです。
新婚生活を始めるアパートにいつまでいるか分からないですしね。
家を購入してずっとそこに住むと言う場合は戸籍を移すひとが多いようです。

転籍届の用紙に署名捺印して、戸籍謄本と一緒に新しい住所の役所、または元の本籍地の役所に提出すればOKです。
同じ区域内であれば転籍届だけで、戸籍謄本は必用ありません。

よく、本籍地が遠いと戸籍謄本の交付を受けるときにめんどうだと言いますが、今は郵送でほとんどの市区町村が送ってくれます。事前に役所のサイトを見ておきましょう。

こちらもご覧下さい。>>まだ間に合う一番安い業者の見つけ方