冷蔵庫の中身や水抜きなど引越し前後に気を付けること

冷蔵庫も引越し前日までに水抜きなどをやっておく必要があります。
だんだん中の食べ物をへらしていると思いますが、前日には完全に空にして電源を抜いてから就寝しましょう。冷凍庫内の霜がすごい場合には、寝る前にきちんと霜取りしておいた方がいいかもしれません。

意外と忘れがちなのが自動製氷機の中の水。これも忘れずに捨てておきましょう。
タオルなどで中の水滴をきちんと拭いて置いた方がいいですね。
最下部に蒸発皿という水を受ける皿があるので、引越し当日にそこにたまった水も捨てます。

残った食べ物などは、タッパーなどに入れます。保冷剤や保冷バック、クーラーボックスを使って腐らないように気を付けて下さい。
生ものは同じ箱にまとめて分かるようにしておきましょう。
遠距離で引っ越しに日数がかかるのであれば、残念ですが廃棄も検討して下さい。
クール宅急便などを利用するという方法もあります。
クーラーボックスを貸してくれる引っ越し業者もあるようです。

冷蔵庫は、動かした後は2時間ほど電源を入れない方がいいとされていますが、新しい冷蔵庫は横にして動かしていない限りは問題ないものが多いようです。
でも、倒して運搬した場合には、コンプレッサーに冷媒が入ってしまっている場合があるため、設置してから2時間待ったほうが無難でしょう。

転倒防止ベルトなどできちんと地震対策しておくのを忘れずに。壁などから距離を置いて設置すると電気代が節約できてエコにもなります。

こちらもご覧下さい。>>まだ間に合う一番安い業者の見つけ方