転勤を断る方法を探してるあなたへ

多くのサラリーマンは転勤を命じられる可能性があります。事業所が全国にあるような企業なら当然です。今は海外への転勤も珍しくない時代となりました。
もちろん就職するときに覚悟はしているでしょうが、異動の命令は突然に感じるでしょう。

基本的には、どんな事情があってもそこの会社員でいたいのなら転勤を断ることはできないでしょう。
場合によっては単身赴任を余儀なくされることも。

転勤に限らず、どうしても会社の指示に従いたくないのなら、退職する以外に方法はありません。会社を辞める覚悟がないのなら、できるだけ問題は起こさない方がいいでしょう。
文句ばかり言っておきながら転勤すれば、赴任先にも迷惑がかかるかもしれません。

会社の命令に従う代わりに、何かしらの条件をつけたいと思うかも知れませんが、それも感心できません。
親や配偶者の介護などのよほどの事情が無い限り、命令には素直に従うべきと言えます。
そのような事情がある場合には、前もって上司に家庭の事情を伝えておくといいかもしれません。

異動を命じられたら、真面目に赴任地で頑張るか、会社を辞めて他で働くかのどちらかを選んで下さい。

冷たいようですが、これが現実です。
そして残念ながら、敷金や礼金、家賃や引っ越し代などの費用には、自己負担が発生します。
よほどの大企業でなければ会社が全額負担してくれることはないんです…

大変かもしれませんが、せめて費用を少しでも安く抑えたいなら、こちらをご覧下さい。

まだ間に合う一番安い業者の見つけ方

もし全額負担してくれるなら、とても良心的な会社だと思ってください。

こちらもご覧下さい。>>まだ間に合う一番安い業者の見つけ方