遠距離の引っ越しにかかる日数【輸送手段でこんなに違う!】

東京都から九州の博多へ。大阪から北海道へなど。長距離、遠距離の引っ越しは大変です。
荷物が届く日数は、輸送手段によって大きく変わってきます。

トラックを貸し切るチャーター便は、転居先まで一直線。距離に寄りますが当日や翌日に荷物が到着します。
中間に別の業者が入らないので、時間の指定など自由度が最も高い方法でもあります。
赤帽では、200km以内であれば同乗も可能です。疲れてしまうので長距離の場合は同乗はやめて新幹線などに乗った方がいいかもしれません。

他の長距離便の荷物と一緒に運ぶ混載便の場合はコストが安く抑えられます。その分、自由が利きません。3日~5日くらいはかかると思って下さい。希望日からずれることも。

貨物鉄道、貨物フェリーなどの輸送手段を使うコンテナ便は、手配できる業者が限られますが、料金も安く環境にもドライバーにもやさしい方法です。荷物到着までの日数を伸ばすことも可能です。

このように、輸送手段によってかかる日数も大きく変わってきます。基本的に早めに連絡することで、価格が安く抑えられる場合が多いです。
いろいろな引っ越し業者に話を聞いて、納得のいく方法を探しましょう。

こちらもご覧下さい。>>まだ間に合う一番安い業者の見つけ方